健康な歯を維持したければ、歯茎が重要。

昔から、歯医者さんの健診を受けるたびに、歯の質がいいですねって褒められていました。
自分も歯には自信を持っていて、老人になっても入れ歯のお世話にはならないで済みそう・・なんて甘い考えでいました。
ですが、私も歳を取ってきて、歯に違和感を感じるようになってきました。
奥歯が痛む、歯磨きをしたら血が出る、冷たい水がしみる、食べ物を噛んだ時、時々キーンと痛みが走ったり・・。
心配になって歯医者さんへ行ってみたら、歯周病だそうです。
歯が悪いというよりは、歯茎の問題の様です。
歯茎の炎症もあるし、歯茎が痩せても来ているとの事で、きちんとケアしないと、歯がぐらついて抜けてくるといわれました。
歯の丈夫さより歯茎の状態の方が、将来入れ歯になるかに重大にかかわってくるのですね。
これまでは歯が丈夫だったら大丈夫だろうって思っていましたので、大きな誤解でしたね。
歯茎の状態をよくするにはどうすればいいのでしょう。
歯茎をマッサージする、歯を磨く時は強く磨き過ぎない、ってお医者さんには言われています。
でもこれは今の現状を維持するだけの様な気もします。
痩せた歯茎を元に戻すためのいい方法って無いのでしょうか?地道にケアしていたら、歯茎の細胞が増えて元に戻ってくるのでしょうかね。

コメント

コメントを受け付けておりません。