いつまでもあると思うな夏野菜

毎日毎日大量に採れたきゅうりやトマトが、あるときからガクッと収量が減り、シーズン終わりが近いことを知ります。
大きなトマトが毎日3つも4つも採れていたのに、小粒なものが2つくらいしか採れなくなりました。
きゅうりは瓜かと思うほど太ってまるまるしていたのに、最近では中学生くらいの大きさかな、というものまで収獲しても、1~2本です。
それまで、いったいどうやって食べようかと頭を悩ませていたくらいだった夏野菜たち、それがなくなり、これからはほしくてももうないのです。
もちろんスーパーには売ってますが、これまでいくらでも畑で採れていたものを今さら買うなんて!いつまでも保存できるものならいいんですけどね。
夏野菜はうわーっと大量にやってきて、あっという間に去っていくって感じです。
保存はむずかしいのです。
それでも干しトマトやお漬物などで、少しでも保存が効くように努力はします。
毎朝、家の横の家庭菜園へスリッパばきで行っては、朝食に添える野菜を収穫する贅沢さ。
いよいよ夏野菜の部は終わりです。
次は秋冬野菜・・・・って、まだ種も蒔いてません。
季節の移り変わりを感じます。

コメント

コメントを受け付けておりません。